漢字用・かな用などに分けられているものもあり、濃墨向きのもの、淡墨に適するものと種類がとても多いです。オリジナル製墨は、何れも生産後よく寝かせた古墨・枯墨ばかりとなっております。

2015年12月18日